ハクビシン忌避剤や業者に依頼する方法がある

害獣であるハクビシン対策にはハクビシン忌避剤を使用する方法があります。


ハクビシン忌避剤を使用するメリットは、手軽に購入できることや、有害な薬剤を使用しないことなどです。ハクビシンは嫌いなニオイがあります。



灯油やニンニク、木酢液などの強いニオイです。

ハクビシン忌避剤はこれらのニオイを利用して畑や果樹園、建物から追い出したり近づけないようにします。
建物内でハクビシンが巣を作ってしまった場合、捕獲して追い出す方法もありますが、ハクビシンは鳥獣保護法により保護されているため、捕獲をするには自治体に申請する必要があります。


ハクビシン忌避剤を使用して追い出す方法なら申請の必要がないのです。ハクビシン忌避剤は害獣の忌避剤でも対応可能なため、手軽に購入できますが、設置しても十分な効果が得られなかったり、侵入経路が確認できな場合は専門業者へ依頼することをおすすめします。
ハクビシンを追い出した後は清掃や補修を行う必要があります。



専門業者なら、捕獲申請をはじめ、補修の手配や殺菌などもオプションで追加することができ安心です。



野生動物が持ち込む寄生虫や、ふんや尿から害虫が発生したり、建材が腐ってしまうことがあります。

健康被害が起きることもあるのです。なるべく早くハクビシン対策をすることで被害の拡大を防ぐことができます。


専門業者では、侵入経路や侵入口を調べて対策をするので再侵入を防ぐことも可能です。手軽にできる方法や、業者に依頼する方法などがありますが、状況に合わせて対策ができます。

初心者向き害獣駆除

ハクビシンは、糖度の高い果実を好むため果樹園での被害をよく耳にしますが、最近では生ごみなどのエサを求めて郊外に現れ被害が増えてきています。見た目は可愛い顔をしていますが、悪臭や病原菌の媒体にもなる可能性があり、被害内容は決して許せるものではありません。...

more

害獣駆除の対策方法

ハクビシンが家の中に住み着くと、夜中に屋根裏で走っていたり、そこら中にお構いなしに糞や尿をばらまくので、家の中の衛生状態がかなり悪くなってしまいます。その時に簡単に駆除できる方法があれば良いのですが、必ず手続をしなくてはならずその手続が面倒なので、そのまま放置してしまっている例も少なくありません。...

more

害獣駆除の秘訣

見た目がかわいいのに害獣となっている動物にハクビシンがいます。ハクビシンとはジャコウネコ科という種類に属していて、体は細長く尻尾まで入れると100cmほどある動物です。...

more

害獣駆除の知っておきたい常識

屋根裏に住み着く害獣の一種であるハクビシンは、臭いに敏感な生き物として知られています。そのため、ハクビシンの苦手な臭いを発するハクビシン忌避剤を使って寄せ付けないようにすることができます。...

more