ハクビシン忌避剤として何が効果的か

屋根裏に住み着く害獣の一種であるハクビシンは、臭いに敏感な生き物として知られています。



そのため、ハクビシンの苦手な臭いを発するハクビシン忌避剤を使って寄せ付けないようにすることができます。
一般的に見て、ハクビシンは唐辛子やニンニクのような刺激的な臭い、炭を作る時に生じる煙を冷やして液体化した木酢液の臭いなどが苦手であると言われています。


また、ハクビシンにとっての天敵であるオオカミの尿の臭いも苦手であるとされています。


このような臭いを利用して、ハクビシン忌避剤を自分で作ってみることができます。



例えば、ハクビシンの苦手なニンニクを潰したものを、穴を開けたペットボトルに入れ忌避剤として使うことができるでしょう。

さらには、市販の木酢液を薄めて穴の開いたペットボトルに入れたものも、ハクビシン忌避剤として使うことができます。

これらを、ハクビシンの侵入経路となりそうな所に設置したり、薄めた木酢液をスプレーで撒いておくというのも良い方法でしょう。



さらに、ハクビシン忌避剤として市販されている商品もありますから、それらを上手に活用することもできます。

それら市販の忌避剤の中には、唐辛子の臭い成分であるカプサイシンを利用したものや、オオカミの尿を使って作られたものなどがあります。


いずれにしても、勝手に駆除や捕獲ができないハクビシンですが、ハクビシン忌避剤を上手に活用すれば被害をある程度防ぐことができるため是非とも活用してみましょう。