手軽なハクビシン忌避剤で対策

見た目がかわいいのに害獣となっている動物にハクビシンがいます。



ハクビシンとはジャコウネコ科という種類に属していて、体は細長く尻尾まで入れると100cmほどある動物です。

雑食ですが果実を好んで食べているとされています。
このハクビシンによる被害には、果実を食べてしまうことから果樹園や畑が荒らされることが挙げられます。



さらに雑食のためペットや家畜が被害に遭うこともあるのです。

このような屋外の被害だけではなく建物の中でもハクビシンによる被害が出ています。


ハクビシンは民家の壁や床下にできた穴などから侵入し、屋根裏などをねぐらに使うことがあるのです。
夜行性のハクビシンによる騒音やふんや尿によって建材が傷んでしまい、カビやダニ、ノミによる健康被害まで出てしまいます。


ハクビシンを追い出す方法には、ハクビシン忌避剤の使用が簡単です。

ハクビシン忌避剤という専用のものではなく、害獣用として販売されているもので十分です。
設置するだけで簡単ですが、置き方にポイントがあります。


侵入口が分かっている場合はそこから遠いところから置いていくことです。


侵入口が分からない場合は、ハクビシンがいるであろうスペースの真ん中に置きます。


追い出しが完了したら侵入口を塞ぐことが重要です。


ハクビシン忌避剤など害獣の忌避剤は動物が嫌うニオイを使用しています。



灯油やニンニクなどの強いニオイが出るので、屋外用や屋内用などを確認して使用するのが注意点です。