ハクビシン忌避剤の効果について

ハクビシンは、糖度の高い果実を好むため果樹園での被害をよく耳にしますが、最近では生ごみなどのエサを求めて郊外に現れ被害が増えてきています。


見た目は可愛い顔をしていますが、悪臭や病原菌の媒体にもなる可能性があり、被害内容は決して許せるものではありません。


またハクビシンは鳥獣保護法により、勝手に捕獲・殺傷が禁止されているため注意が必要です。
対策としてハクビシン忌避剤を使用する方法があります。

ハクビシン忌避剤は、ホームセンターやインターネットで購入が可能です。

においに非常に敏感な動物で、にんにくや石油系のにおいを苦手としており、ハクビシン忌避剤は近寄りづらくするという効果があります。



ただし、においが薄れてしまうと効果も弱まってしまうため、定期的に使用する必要があります。
すでに屋根裏などに住み着いてしまっている場合にも効果的です。


また他にも害虫駆除用の燻煙剤も、追い出し効果があります。


ハクビシンは非常に賢い動物のため、忌避剤をただ置くだけでは逃げてくれません。侵入口がわかっている場合は、侵入口から遠い場所に、もし侵入口がわかっていない場合は巣や屋根裏の中心に置くことで、ハクビシンを追い出す効果が強まります。
家の外に逃げていったのを確認したら、市販のパテや細かい目の金網を使うなどでしっかりと侵入口をふさぐことが大切です。
被害を防ぐためには、餌場や寝床を作らせず、侵入経路をなくすことです。



ハクビシンが寄り付くということは、その場所が魅力的だからです。


ぜひハクビシンの姿や痕跡を見つけたら、ただちに対処するようにしてください。